>

嫌な臭いを回避しよう

空気の通り道を作ろう

室内干しをする際は、臭いが付かないように工夫しなければいけません。
どこに干すかで、結果が大きく変わります。
締め切った部屋で洗濯物を干すと、雑菌が繁殖して臭いがひどくなるので避けてください。
絶対に、窓もドアも閉めた状態にしてはいけません。
窓を開けることで空気の通り道ができるので、雑菌を排除できます。

洗濯物を干す部屋に、湿気が溜まらないように意識してください。
最初は湿気が溜まっていなかった部屋でも、濡れている洗濯物を干すことで次第に湿っていくかもしれません。
窓もドアも締め切っていると、すぐに湿気が溜まります。
洗濯物を干す部屋は、窓があることを条件に決めましょう。
工夫すれば、生乾きの臭いがつくことはありません。

雨が続いている時期

晴れている日は、窓を開けることが可能でしょう。
ですが雨の日に窓を開けていると、雨が入って洗濯物が濡れてしまいます。
仕方がないので窓を閉め切っている人がいるでしょう。
しかしその状態は洗濯物に良くないので、ドアを開けたり、少しだけ窓を開けるように意識してください。
上下の窓がある場合は、上の窓だけ開けるのがおすすめです。

上の窓よりも、下の窓の方が雨が入りやすいです。
上の窓を少しだけ開けていれば、空気の通り道ができますし、雨が侵入することもないでしょう。
雨が降っているからと、窓を閉め切っていると雑菌が繁殖します。
なるべく窓から離して、洗濯物を干すことも重要です。
自宅を確認して、ベストな場所を探しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る