梅雨でも安心!臭いのつかない洗濯物の乾かし方

洗濯物を干す際のコツを調べよう

嫌な臭いを回避しよう

風通しの悪い部屋で洗濯物を干すと、雑菌が繁殖します。 臭いの原因になるので、風通しの良い部屋で干してください。 おすすめは、窓が開く部屋です。 そこなら通り道できるので、雑菌の繁殖を抑えられます。 梅雨時期で窓を開けにくいかもしれませんが、場所を見つけましょう。

洗濯物の正しい干し方

これまでみなさんは、適当に洗濯物を干していたでしょう。 ですが干し方によって、空気が通らなくなって雑菌が繁殖する原因になります。 今後は空気の通り道を作るように、洗濯物を干してください。 具体的に説明すると、洗濯物同士の間隔を開けるのが良い方法です。

窓を開けて洗濯物を干す

梅雨時期は、外で洗濯物を干すことができません。
ですから、室内干しをすると思います。
しかし何も工夫しないままでは、生乾きの嫌な臭いが服につくので注意してください。
臭いの原因は、雑菌が繁殖することです。
そのため雑菌を排除すれば、臭いのトラブルが起こることはありません。
雑菌は、湿気が多い場所で繁殖します。
繁殖を抑えるために、風通しの良い場所で干してください。
洗濯物を干す部屋は窓を開けて、ドアも開けてください。
すると空気の通り道ができるので、室内に湿気が溜まることはありません。

また洗濯物の干し方も重要です。
たくさんの洗濯物を干す場合は、洗濯物同士の間隔が狭くなってしまいます。
それでは通気性が悪くなるので、洗濯物が乾きにくいですし臭いがつきます。
間隔を開けて、洗濯物を干しましょう。
ですから、1回の洗濯物の量を減らすのがおすすめです。
洗濯物が少なければ、広い間隔を開けて干せるでしょう。

除湿器や、乾燥機を使うのも良い方法です。
湿っている室内で使うことで、乾燥させることができます。
換気扇が備わっている部屋で、室内干しをするのも良いですね。
また、窓を開けて除湿器や乾燥機を使いましょう。
良い方法を組み合わせることで、洗濯物が早く乾きます。
乾いたら、すぐに取り込んで2回目の洗濯をしてください。
それなら洗濯物の量が多い時でも、1回の量を減らせます。
嫌な臭いがしている服を着ていると、周囲にも迷惑を掛けます。

便利な家電を活用しよう

洗濯物を乾かすのに、便利なアイテムがあります。 それを使えば室内を乾燥させられるので、雑菌が繁殖しません。 つまり、生乾きの嫌な臭いを抑えられます。 乾燥器や、除湿器などを活用しましょう。 様々な製品があるので、お店に行って好みのものを購入してください。

TOPへ戻る